• 無料メール相談カウンセリング
  • 電話をする
  1. 川崎中央クリニックTOP > 
  2. わきがの予防方法とセルフケア

わきがの予防方法とセルフケア

わきがを改善するには根本的な原因や匂いの程度など理解することがが大切です。その上で、ご自分にあった予防法や対策をしましょう。わきがの疑いのある方やわきがの症状でお悩みの方は是非参考にしてください。

予防方法

動物性たんぱく質や脂肪を抑えた食事(和食)がお勧めです。
化学繊維(ポリエステル、レーヨンなど)の衣服はにおいを増強すると言われています。
※医学的データはありません。
衣服はコットンやウールなど天然繊維がお勧めです。
物事を深く考えすぎたり、緊張しすぎると自律神経のバランスが崩れやすくなり、汗や臭いが増えます。
精神状態は常にリラックスしていることが重要になります。

ご自身で対策する場合

治療は行わずに、ご自身で行う対策を選ばれる方も少なくありません。
現在では効果の高い体臭ケア用品も市販されています。ただし、多くはわきがに対して不十分な性能であると考えるべきでしょう。
基本的にエクリン汗腺から分泌される汗をもとに発生する「におい」を解消、あるいは抑制する目的で開発された商品群だからです。
とはいえ、すべての体臭ケア用品がわきがに対して完全に無力というわけではないので、まずはどんなタイプがあるのか、どんなメリットとデメリットがあるのか、把握しておくことをお勧めします。
わきがの方向けの体臭ケア用品(デオドラント製品)は主に3種類です。

<ふき取りタイプ>

文字通り汗や老廃物をふき取るタイプのケア用品です。アポクリン腺から分泌された汗と皮脂やその他の老廃物が肌に付着しているためわきが特有の「におい」が発生するのです。つまり、理論的にはふき取りシートで汚れを拭い、同時にパウダーなどの成分で汗腺をふさげば、しばらくは無臭状態になる、ということになります。

<ロールオン>

デオドラント成分の肌への密着度が高いため、消臭能力が高いといわれているタイプです。
消臭成分を直接ワキの下に塗り付け、汗の分泌を抑えたり、雑菌の繁殖と老廃物の分解を遅らせたりする機能を持っています。
スプレータイプのような物と比べるとはるかに強力なデオドラント効果が期待できるでしょう。

<クリーム>

こちらもデオドラント成分を直接肌に塗布するタイプで、スプレータイプとは比較にならない強力な効果を期待できます。
ふき取りタイプ、ロールオンタイプ同様、汗腺を有効成分でふさいでアポクリン腺から分泌される汗が表に出にくい状態を作ります。

セルフケアのメリット

  • ・手軽にすぐに始められる
  • ・痛みなどのリスクはない
  • ・こっそり対策できる

セルフケアのデメリット

  • ・継続的にケア用品を購入し、使い続けなければならないため長期的に見れば費用が高くなる
  • ・色素沈着の可能性がある
  • ・汗腺を無理やりふさぐので、効果が長持ちしないうえ皮膚の健康面でリスクがある
  • ・効果が不十分でにおいを抑えきれない可能性が高い

わきがのセルフケア用品と比較してわきが治療では、汗腺に向け確実に手間をかけず治療を行うことができます。
わきが治療に踏み切れないままセルフケアを続けている方は、ぜひ上記のメリット・デメリットをよく検討してみていただきたいと思います。

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

院長 南部 正樹

院長 南部 正樹
  • 医学博士
    日本形成外科学会
    日本形成外科学会専門医
  • 防衛医科大学校病院 形成外科
    技術指導医
  • 中央クリニック技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 わきが・多汗症に関する情報満載!
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る

PAGETOP